【着物の整理】CMで有名なバイセルに着物買取を依頼!来てくれたのはこんな人!対応は?買取の流れを口コミ♪【画像あり】

モノのおかたづけ

ひとくくりに「生前整理」と言っても 一体何をどうやってはじめたらいいの?!なんて思ってしまうのですが いままで大切に置いていた「着物」、みなさんは大切に保管されていたりしますか?

お嫁入りに親が持たせてくれたりしてものや、自分が作ったものなどもあったり 着物には いろんな思い入れのあるものが多くて なかなか手放せないのが現状だったりしますよね・・・。

先日 身の回りのおかたづけをはじめた友達から こんな相談がありました。

着物売るならバイセルっていうCMのところに査定してもらおうかなって思ってるんやけど、ひとりで住んでいるから どんな人がくるかわからないから不安やねん~

と。

ちょうど、わたし自身も 出張買取に興味があったので お友達の着物買取の場に同席させてもらうことになりました。

とてもいい機会だったので 着物買取の流れを知ることができ、またギモンに思っていたことも 色々質問!!

買い取った着物の行方って こんなふうに使われるのかぁ~

と まさに へぇ~!!がいっぱいで とても楽しい時間となりました。

結果からいえば バイセルさんは 安心して出張買取をお願いすることができましたよ^^

バイセルさんならではの こんなこと、あんなこと 体験したことをレビューしていきます!

着物の整理を考えられている方のお役に立てれば嬉しく思います^^

今回 出張買取をしてもらったのはココ!➡ 着物の出張買取ならバイセル

着物の整理方法を考えてみた

友達が和ダンスを整理してみると 大切にしまっていた着物がこんなにも!!

ゴミにすてるには忍びないし・・・

かと言って 誰かに着てもらう?

いやいや 今どき なかなか着物を普段から着ることなんて、ないよねえ~・・・

バイセルを選んだのは CMで見たから

「着物はバイセル!ハナハナハナ~♪」

このフレーズ TVをみる方なら誰しも耳にしたことがあるのではないでしょうか?

↓↓そして この人も↓↓



シンプルに CMでみた! たった それだけの理由で 妙に安心感があったから。

全然知らないところに依頼して どんな人がくるのかもわからない怖さ・・・なかなか頼もう~!という気持ちの背中を押してくれるものがありません。

CMで有名なバイセルさんでさえも「どんな人が来るんやろう?」っていう不安はありますよ~。もちろん!!

それに 査定してもらうって 玄関先でいいの?上にあがってもらうの?なんてことも考えてしまいます。

正直 出張買取で よっほどのいい品物じゃないと 高い値段がつくとは思ってなかったので 値段の方は それほど重点をおいていたわけではなく、

査定してもらうことで 自分の持っていた着物の価値もわかって 着物への自分のきもちの整理にもなるかなぁと思ったのが ひとつ、

もうひとつは やっぱり ずっと大切にしていた着物だったので

この着物を必要としてくれる 誰かに使ってもらえたら この着物たちもうれしいだろうなあ・・・

という気持ちも大きかったということ。

    1. 着物の整理方法を考えてみた
    2. バイセルを選んだのは CMで見たから
  1. まずは バイセルさんに電話をかけてみました!
    1. サポートセンターと査定員さんは情報を共有しています。例えばこんなことも。
    2. 出張買取当日はこんな感じで査定をしていただきました。
      1. 当日のおおまかな流れ
    3. バイセルの特徴:クーリングオフの制度があることが安心!!
    4. バイセルの特徴:プライバシーマークを取得しているから個人情報の保護面も安心!
    5. 説明のあと、いよいよ査定。
    6. 査定員さんは 着物の何をみているの?
    7. この着物は買取不可でした。
    8. 着物の査定後、宝石類やほかのモノを査定
    9. 貴金属は 金の重さを測って査定
    10. なぜ 着物の出張買取なのに、来る前に「宝石類などがあるか?」と聞くの?
    11. あなたのタンスで眠っている着物を喜んで使ってくださる方がいます
    12. 査定額がでました。
    13. 今、生前整理を目的に 着物を手放す方が多いんだそう。その理由は?
    14. 最後に書類を作成
    15. 査定が終わったあとで 決済コールがかかってきました。
    16. 今回 来てくれた査定員さんの心配り
    17. 今日から 少しだけ身の回りの整理をはじめてみませんか?
    18. バイセルでは 着物以外に こんなものの買取りもしています。
    19. とりあえず バイセルに電話かメールをしてみませんか?

まずは バイセルさんに電話をかけてみました!

メールでも出張依頼ができますけど 決断が鈍らないために 電話にしました。

電話口は 女性のスタッフさん。

「着物をみていただきたいんです。」と伝えると スタッフさんから聞かれたことは5つ。

  1. 名前をフルネームで
  2. 住所(大阪府○○市までで大丈夫)
  3. 連絡がとれる電話番号
  4. 都合のいい日時
  5. 着物以外に 宝石や骨董品があるかどうか。(あれば一緒に出しててもらってOK)

着物のだいたいの枚数を伝えると およその時間を教えていただきました。

友達の場合、30分~1時間程度 とのこと。

あ!そうそう!あと 「査定してもらった金額に納得ができないときは 断ってもらって大丈夫ですよ。ご安心くださいね」という言葉もありました。

やっぱり来てもらうからには 絶対に買い取ってもらわないと申し訳ないんじゃないの~?って思ってしまいがちですけど その点は大丈夫と聞いて ちょっと安心!!

つまりは 見積りだけでもOKだということです。

査定は 無料です!!

出張買取の前日に ショートメールで確認のメッセージが入り、当日行く前に担当者から電話が入るという流れなんだそう。

これなら うっかり日にちを忘れていても 思い出しますね^^(笑)

サポートセンターと査定員さんは情報を共有しています。例えばこんなことも。

家族が寝ているので 静かに査定してほしいんですけど大丈夫ですか?できれば ピンポンは鳴らさないでほしい

ウチが散らかっているから 査定は玄関先でもいいの?

などなど。

無理なこともあるかもしれませんが 気になる小さなことは 無料査定の電話の際に伝えておくと 査定員さんに伝わるので 当日気をつけてもらえます。

気になる小さなことは少ないほうが より安心感がありますもんね^^

出張買取当日はこんな感じで査定をしていただきました。

当日のおおまかな流れ

前日:ショートメールが届く(返信不要)
当日:約束の時間通りに来てくれる旨、電話あり
約束の時間にピンポン➡ 挨拶 ➡ バイセルの会社の説明 ➡ 査定 ➡ 値段 ➡ 2次査定(商品の写真を撮って本部に送る作業)➡ 確認(買取するかしないか)➡ 決定 
着物のほかに 何かあるかな~?と思って探したら 価値があるのかないのか よくわからないけど 昔のネックレスなどがでてきました。
せっかく来てもらうし、一緒に査定してもらおう~っと!!
とはいえ やっぱり 初めて知らない人が おうちに来るとなると 心持ち緊張するものです。
そして、ピンポンが鳴って 来てくださったのは やさしそうな笑顔のお兄さん。
「行商従業証」を提示し、自己紹介のあと バイセルの会社の説明とクーリングオフなどの説明がありました。
なんと、なんと!!バイセルさんって 月間で約2万件もの注文があるんですって!!
すごいですね~。実績が多いということは それだけ経験も豊富なので 安心感も、ちがいます。
説明は タブレットを一緒に見ながらだったので とてもわかりやすいと感じました。

バイセルの特徴:クーリングオフの制度があることが安心!!

買い取ってもらったけど・・・やっぱり売らなければよかったかも・・・

担当の方を目の前にして 断りにくかったから OKしてしまったけれど・・・・。

いざ 決断して買い取ってもらったはいいけど そのあとで気がかわってしまって 返してほしいなあって思ったとき、バイセルでは 買取から8日間は電話1本で無料で商品をもどしてもらえるクーリングオフ制度があります。

クーリングオフ制度のサービスが導入されているのは 買い取ってもらう側にとったら 気持ち的に安心♪ですよね。

➡ 【365日・24時間受付中】着物の買取ならバイセル

バイセルの特徴:プライバシーマークを取得しているから個人情報の保護面も安心!

プライバシーマークを取得しているから安心!

・・・え?プライバシーマークって何?!と思われた方もいるはず・・・

【プライバシーマークとは?】

 1998年よりJIPDECが運営する「プライバシーマーク制度」は、事業者の個人情報を取り扱う仕組みとその運用が適切であるかを評価し、その証として、事業活動においてプライバシーマークの使用を認める制度

引用元:一般財団法人日本情報経済社会推進協会HPより

簡単にいえば 企業などが、個人情報保護の体制をきちんと整備していますよ~ということを 第三者の審査機関が認証しているということですね。その場合に プライバシーマークを使うことができるんだそうです。

こういうマークのことですね。

引用元:一般財団法人日本情報経済社会推進協会HPより

説明のあと、いよいよ査定。

査定の前に 今日、わたくしが持ってきた カバンをあずかっていただけますか?

ん?なぜ スタッフさんのカバンを預かるの?

実は これはバイセルさんにしかない大きな特徴のひとつだと思うのですが、

例えば 査定の際、大きいものから細かいものまでみることが多いのですが 小さいものだとうっかりカバンに入ってしまって・・・なんてことを防ぐという意味でもあるんだそうです。

たったこれだけでも 信用度は大きくかわりますよね。

こんなにある着物を 1枚1枚丁寧にほどいて わけていきます。

こんな感じです。

そして 1枚1枚 シミや汚れ、素材や有名作家さんの名前が入っていないかなどを目で確認していきます。

値段がつく、つかないはともかくとして すべて目をとおさせていただきますね^^

査定員さんは 着物の何をみているの?

  1. まずは 着物の生地 (絹だとかウール、化繊、麻など)を確認
  2. 着物の状態がとても大事なので シミや汚れ、傷み、虫食いなどがないかどうかを確認。年代物だと 正絹焼けによる黄ばみなどもチェック。
  3. 着物の裾部分や 着物の胴裏などの汚れなどをチェック
  4. 国宝作家さんのものかどうかをチェック(作家さんのものは かならず着物に落款(らっかん)印が あるので わたしたちでも確認ができるんだそうです。
  5. 西友禅、大島紬、加賀友禅などのブランドかどうかをチェック(査定員さんは 着物をみればわかるんだそうです)
買い取った着物は 再販売をされるそうなのですが、丈とゆきの長さは 長いほうがいいんだそうです。なぜなら 若い女性や海外の方が欲しいといわれることが多いので 丈が160cm以上だと 買われる方がうれしいなと思われるからだそうですよ♪もちろん 短くても大丈夫です。

この着物は買取不可でした。

  • 喪服 (不幸ごとで使ったので 縁起が悪いと思う人が多く買い手がいないから)
  • じゅばん (肌に直接ふれるので 下着扱いになるから)
  • ウール (活用される方がいないから)

着物の査定後、宝石類やほかのモノを査定

着物の査定後

残しておきたいお着物はないですか?

と再確認がありました。

ある程度決断はしているものの 再確認をしていただくことで 自分の気持ちの整理ができたので ありがたかったな~と思いました。(友達談)

貴金属は 金の重さを測って査定

小さいはかりも 持参されていました。

たとえば 悪い業者さんだったりすると 金を目の前ではかることもなく、まとめて価格をだしてしまうこともあるかもしれません。

そういう不安もなく 目の前で説明しながら 丁寧に査定をしてくださるので 透明性があって その点も安心できました!!

今から着物の写真を撮って 本部へ送らせていただきますが 撮らせてもらっても大丈夫ですか?今日 撮ったすべての写真は 査定が終わったあと お客様の目の前で削除させていただきます。ご安心ください。

査定をしてもらったあと 写真を撮って本部へ送る理由は 2次査定と言って 査定の確認をするという意味でも 大切なんだそうです。

たとえば 新人さんがきて査定をしてくれた場合 ベテランの査定員さんと差がでないようにするためにも 本部に写真を送って 2次査定をしてもらうことで 買取価格に差がでないということなんですね。

なぜ 着物の出張買取なのに、来る前に「宝石類などがあるか?」と聞くの?

じつは これ疑問だったんです。

こちらが買い取ってほしいのは 「着物」なのになぜ「宝石類」があるかどうかって電話口で聞いたの?

せっかくなので 疑問だと思ったことは すべてスタッフさんに確認してみました。

今までの経験上、着物の査定に行かせていただいても、ほかの商品もみてほしいといわれるケースが多いんです。

なので 事前に教えていただけると 査定時間の目安だとか査定員の人数の調整だとかがしやすいので そのように確認させていただいています。

ああ!なるほど~!!

言われてみれば たしかにそうですよね~。

だって ふだん 査定員さんがウチにくることなんて ないんですもん!

せっかく来てくれるんだったら あれも、これも・・・ってなってしまいますよね^^

10枚ほどのお着物の査定依頼をいただき、 ひとりで行かせてもらったところ、100枚近くのお着物も同時査定してほしいというようなこともあって ひとりでは査定しきれないので 査定員が数人必要だったというケースも実際にありました。

事前にたくさんあることがわかっていれば お客様にお待ちいただかずにすむ査定員の数の準備ができたりするので 助かります。

思い入れのある着物は またその着物を必要としてくださるところへお嫁にいくのです。

買い取ったあとの着物は バイセル独自のルートがあって それなりに需要があるんだそうです。

嫁入りの着物は 柄が古くても 時代劇や舞台で どこかの役者さんに使われます。

華やかな着物は レンタル着物として再利用されます。

ブランドや一点ものの着物は 催事場やオークション会場で展示されることが多いです。

あなたのタンスで眠っている着物を喜んで使ってくださる方がいます

親がもたせてくれたから 手放せない・・・とタンスの中で眠らせておくよりも

時代劇や舞台、レンタル衣装としてなどなど その着物に新しい命を吹き込んでくれて

生かしてくれる方法があるのです!!

それって めっちゃ嬉しいことじゃないですか♪

手放す=捨てる じゃないってことなんですね♪

手放す=生き返る=喜ぶ誰かがいる ってことなんですね^^

もしかしたら テレビの時代劇にでてる あの役者さんが 自分の大切な着物を着て演技をしてくれているかもしれませんよ~。

査定額がでました。

すべての査定が終わり 友達が今回出した商品のトータル査定額は 2万円でした。

この金額は 人それぞれ、出す商品や状態などによって全く違うので 細かい査定額は誤解を与えてしまうといけないので トータル額で表示することにしました。

*今回の査定額は あくまでも友達個人の場合であって この金額を保証するということではないので その点はご理解いただけますようにお願いします。

この金額が 「これだけ?」って思う人もいれば 「こんなにも~」と思う人もいるはずです。感じ方は人それぞれです。

なので 査定した金額に納得がいかない場合は 「今回はやめます」とやめることもできるんです。

ちなみに 捨てれば0円です。思い切って バイセルに電話してよかった~!!と友達は大喜びしていました♪

お金の部分だけではなく 気持ちに区切りができたのが大きかったって言っていました。

今、生前整理を目的に 着物を手放す方が多いんだそう。その理由は?

わたし自身もそうなんですけど なぜ 若くして生前整理を目的に考える人が多いのかなぁ?ってちらっと聞いてみたところ

お客様ご自身が ご両親が亡くなられたあとのおかたづけや整理を体験されて すごく大変だったので 自分はそうしないようにしよう!という思いをもたれているお客様が多くて 男女問わず、50代、60代でも生前整理を意識される方が増えています。

めっちゃ わかります!!

わたしも 主人の両親と同居をし 亡くなったあとおかたづけをした一人なので 本当にその気持ちが手にとるようにわかります!!

最後に書類を作成

  1. 査定員さんが 書類に必要事項を入力
  2. 個人情報が間違えていないか 確認します(お客様側)
  3. 合計金額の相互確認
  4. iPadの承諾書に (お客様側)自身でチェック
  5. マイナンバー(番号は控えていません)、保険証
  6. 再度、 クーリングオフ制度の説明
  7. 署名(電子署名)
  8. 撮った写真の削除➡ゴミ箱からも削除 相互確認

査定が終わったあとで 決済コールがかかってきました。

決済コールとは 簡単にいえば 査定したことへの再確認の電話です。

  • 買取りの商品の数の確認
  • 金額の確認と現金で受け取ったかどうかの確認

査定員さん以外の方から電話がかかってくることで 再確認ができることにも きちんとしてるなあという印象をうけました。

今回 来てくれた査定員さんの心配り

着物を査定してくれたあと あずかっていたカバンをお返しし、その中から さっと取り出したのが 「マイ風呂敷」だったんです。

業者さんに出されたことがある方は経験したことがあるかもしれません。

買い取っていただいた商品を ゴミ袋にガサッと入れるところを・・・。

今回 きてくださった バイセルの査定員さんは 「大切や着物をあずかって帰るのでゴミ袋で持ち帰るということだけはやめています」と言われていました。

小さなことですが すてきな心遣いですね♪

今日から 少しだけ身の回りの整理をはじめてみませんか?

荷物を減らすという行為に抵抗がある方も多いかもしれません。

でも どこかひとつから 手をつけてみませんか?

~荷物の分だけ 気持ちが軽くなります♪~

これ 私自身も体験済みです。気持ちが スッと軽くなったんです。ほんとに♪

そして 今回 友達がお願いした出張買取に同席させてもらって 感じたのは

バイセル よかったですよ~!!っていうことです。

来てもらう人によるかもしれませんし、また受け取り側の感じ方によるかもしれません。

だけど 友達もわたしも 「バイセルにお願いしてよかったね~」って話したぐらい。

実は バイセルでは コンプライアンス(企業などが、法令や規則をよく守ること)に厳しく、定期的に研修を受けているそうなので 基本的なところは安心できます。

プラス 来てくださる査定員さんの色を出してもらえれば(今回の査定員さんだとマイ風呂敷みたいな・・・)ああ、よかったなって感じるのではないでしょうか。

これから あのCMをみるたびに 思い出してしまいそうです♪

ことば使いの優しく丁寧な バイセルのお兄さんのことを・・・(笑)

バイセルでは 着物以外に こんなものの買取りもしています。

見えますか~?わたしは老眼で見えにくいのですが、

着物、切手、毛皮、古銭、金、プラチナ、ダイヤモンド、宝石、ブランド服、ブランド品、時計、お酒、骨董品、金券、車

の買取りをしています。

「査定してもらいたいけど なんだか怖いし、どこにしよう・・・」って思われるのであれば バイセル、おすすめです。

とりあえず バイセルに電話かメールをしてみませんか?

あわせて読みたい
【婚礼タンスを処分】料金はどれくらい?対応は?作業風景の画像ありレビュー!!我が家がお願いしたのは 関西全域対応の「オールサポート」という会社。
婚礼家具を処分したいけど すごく高いんじゃないの?変な人がきたらイヤやし~。きちんとやってくれるのかな~?なんて思って 回収業者さんを選ぶのに迷った経験はありませんか?まさに我が家もその状況で ネットで色んなところを調べて お願いするのを決
タイトルとURLをコピーしました